KOPARの創作日記
主にゲーム制作に関する記事を書いていこうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エクスの人々
昨日の予告通り、エクスで関わることになるキャラクター達を紹介します。

一人目は、エクスでとある組織を束ねる青年「フェリス」

フェリス

フェリススクショ1

真っ直ぐで正義感の強い青年。曲がったことが大嫌いで、卑劣な悪人に対する憎しみを人一倍抱えている。エイク達とはティックビーでの武術大会で初めて会うことになり、剣を交える。エイクと同じく三色の毛色が特徴的で、彼もトリコロール出身なのではないかとささやかれているが・・・。

フェリススクショ2

そんな彼のもう一つの顔は、対権力者レジスタンスのリーダー。ティックビーの武術大会に参加したのは、自身の実力を知るためでもあり、トーティ達に接触してエクスの現状を知らせるためでもあった。町民を虐げる横暴な権力者を倒すためにエイク達に助力を申し出る。


二人目はレジスタンスメンバーの一人「フォルミカ」

フォルミカ修正

フォルミカスクショ1

レジスタンスメンバーの紅一点で、フェリスの幼なじみの一人。芯が強くしっかり者だが女性らしい優しさも兼ね備えており、そんな彼女に惹かれてレジスタンスへの加入を決意した者も多い。彼女もティックビーの武術大会に出場している。

フォルミカスクショ2

実は過去にも単身で武術大会に出場したことがあり、ブルネットとは面識がある。


三人目は同じくレジスタンスメンバーの一人「フィーサ」

フィーサ

フィーサスクショ1

フェリスの幼なじみの一人で、武術を専門とする二人とは異なり参謀役として活動している。どこか抜けた感じの口調が特徴的だが、それ故に状況に流されずに分析する能力に秀でている。

フィーサスクショ2

あくまで”参謀”なので武術はあまり経験がなく、付き添いで参加した武術大会では戦術書を読みながら戦うという不安定な戦い方をするが、魔法は得意分野らしいので魔法大会が開かれることを密かに望んでいる。


四人目はフェリス達のレジスタンス結成のきっかけとなった権力者「リーガス」

リーガス

リーガススクショ

エクスを取り仕切る町長で、見るからに悪人面。表向きにはエクスの発展に情熱を燃やす熱血漢だが、実際には私利私欲に満ちた野心家。町民の噂によれば、民のことを奴隷のようにしか思っておらず、エクスが魔物の襲撃を受けた際も手荒い人使いをして町の修復作業をやらせていたとか・・・。

※顔グラと立ち絵に違いがありますが、立ち絵verで顎髭を書き忘れました(汗


五人目はリーガスの腰巾着の一人「レスポーレ」

レスポーレ

レスポーレスクショ

エクス労働者達のリーダーではあるが、金銭管理や労働環境といった事柄をおざなりにしている。リーガス同様、民を駒としか思っておらず非人道的な台詞がしょっちゅう飛び出す。常に大きな荷物を背負っているが、その中身は謎。


六人目も同じく腰巾着の一人「ドゥクス」

ドゥクス

ドゥクススクショ

立派(?)な鎧を纏っており、見た目だけは歴戦をくぐりぬけた兵士のようだが、実力は不明。何かにつけては若者を批判し、自分の武勇伝を語り出す自尊心の強い性格。


七人目は謎多き呪術師「オブリー」

オブリー

オブリースクショ

リーガスの秘書と名乗る美女。その言動や容姿は怪しさで満ちあふれており、レジスタンスメンバーの間ではリーガス以上に危険視する声も挙がっている。元々エクスと関わりがあったわけではなく、魔物襲撃の少し前に現れたらしく、彼女との因果関係もささやかれている。

今回は味方キャラも敵キャラも一気に登場しましたが、様々な思惑が交錯するエクスの物語・・・ご期待下さい。

テーマ:ゲーム制作 - ジャンル:ゲーム

ティックビーの人々
先ほど紹介したティックビー王国で出会う人々4人を紹介します。・・・とはいえ、この4人は王族にして家族ですが・・・。

一人目はエイクの幼なじみにして姫君の「ビーニィ」

ビーニィイラスト

ビーニィ

ティックビー王国の姫君として育てられた、活発だけど少し頼りない少女。光魔法を専門に母親から教わったため、回復や光属性の攻撃を得意とする。王子として自覚を持つエイクと比べると貴族としての振る舞いはイマイチだが、彼女自身はそんな自分を変えようと影ながら努力はしているようだ。

ビーニィ2

とある事情でエイクと一緒に修行ができることを喜ぶビーニィ。しかし、この先で彼女たちを待ち受けるのは・・・。


二人目はビーニィの父にしてティックビー国王「フォーン」

フォーンイラスト

フォーン

トーティとは幼少の頃からの親友で、それぞれの道(剣術と魔術)を極めてお互いを支え合おうと誓った仲。トーティと比べると威厳が無く抜けていて、何より容姿が若く見えすぎているため実年齢を聞くと驚く者も多い。


三人目はビーニィの母「ルディ」

ルディイラスト

ルディ

笑顔を絶やさない楽天家で、口調もずっと聞いていると思わず力が抜けてしまう。フォーンと同様魔術師としての実力は高い。あまりにも脳天気すぎる二人を見てたまに心配になる国民もいるようだが、なんだかんだいってティックビー王国は二人の影響を強く受けているようで、民との絆もトリコロールに負けず劣らずといったところ。

最後はビーニィの姉「アーシア」
アーシアイラスト

アーシア

ティックビー王国のアイドル的存在で、武術大会を開く際には司会進行を務めるほどアクティブな性格。トリコロールの魔術学校にも通っていた経験があり、ホワイトとも面識がある。

あれ・・・ティックビー王国の紹介記事ではまだ謎の名前があったじゃないかって?それについてはまたいつか。ではでは。

テーマ:ゲーム制作 - ジャンル:ゲーム

トリコロールの人々
先ほど紹介したトリコロール王国で主人公と関わりの強い人々を紹介していきます。

一人目は、トリコロール国王にして主人公エイクの父である「トーティ」

トーティ2

トーティスクショ

国王でありながら自ら道場の師範として指導に励んでおり、エイクを始めとする修行者達の憧れとなる存在。温厚で頭が低いこともあり国内外問わず尊敬する者も多いが、努力家故に無理をしてしまいがちなのが玉に瑕。


二人目はエイクの母「ホワイト」

ホワイト

ホワイトスクショ

清楚で優しい性格で、剣術指導好きの夫に対し、魔術指導に励んでいる。トーティの威厳もあり誤解されがちだが、先代王の血を引いているのは彼女の方であり、ホワイトがトーティに求婚したことでトーティは晴れて貴族となった。つまり逆玉。幼い頃から病弱なため、プライベートでも王宮賢者が付き添って彼女の健康を気遣っている。


三人目はエイクの幼なじみの一人「カレル」

カレル

カレルスクショ

平民出身のごく普通の少年だが、エイクとは剣の道を歩む親友として小さい頃から仲が良い。貴族としての立ち振る舞いを仕込まれているエイクと比べると、子供らしく無邪気だが調子に乗って怒られることも多い。フェンシングスタイルを得意とするエイクに対し、カレルは力任せで場当たり的な剣術が我流。


四人目はカレルと同じく幼なじみの一人「ミル」

ミル

ミルスクショ

一見ごく普通の少女だが、実は母親がすご腕の魔女で、彼女も大魔女を志して魔術修行に励んでいる。小さい頃、剣術稽古に励むカレルにほのかな想いを抱いてから共に行動することが多いが、今はお互いからかったり喧嘩する腐れ縁のような関係に。


五人目は剣術道場の先輩的存在の女性「ブルネット」

ブルネット

ブルネットスクショ

剣術道場の紅一点にして、トーティに腕を認められている実力者。常に凛とした表情で周囲を正す模範的存在。猪突猛進なカレルの剣術には頭を悩ませつつも影ながら将来性を期待している。


最後はブルネットの妹「ラキ」

ラキ

ラキスクショ

剣術道場に通う姉に対し、魔法学校に通う少女。まだ幼いが魔術の素質は学校内でもトップクラスで、年上のミルも心の中では尊敬している程。姉とは対照的で人懐っこく世間知らず。


・・・と、一気に6人紹介しましたが、説明文はあらかじめ考えていたわけではなかったので書き終えるのに40分近くかかってしまいました・・・。当然ですがまだまだキャラクターは登場しますのでご期待下さい。

テーマ:ゲーム制作 - ジャンル:ゲーム

物語のキーパーソン
今日は本作におけるキーパーソンの二人を紹介したいと思います。まずは一人目・・・と言いたいところですが、彼の名前は現地点では伏せておきます。結構早くに登場するのですが、名前が明らかになるのは中盤以降となりますので・・・。
謎の少年

ScreenShot_2015_1109_21_07_54.png

獣人が活躍する世界において、唯一の人間である彼。それだけでも特別な存在であることは容易に想像できると思います。そんな彼がエイクとどのように関わっていくのか・・・それはまだ秘密。


そしてもう一人のキーパーソンは、エイクの宿敵となる存在「レフィウム」です。

レフィウム

ScreenShot_2015_1109_21_08_36.png

見るからに禍々しいオーラを放つ彼女は自らを”闇の化身”と名乗り、エイクのことを自身の宿敵”光の化身”であるとして抹殺しようと襲撃を仕掛けてくる。しかし、何やら謎の少年を前にして妙な反応を示し・・・。

・・・と、現地点で紹介できるのはここまで。まだまだキャラクターはいるのですが、今後どのように紹介していくかは未定です。

テーマ:ゲーム制作 - ジャンル:ゲーム

主人公エイクの紹介
本作の主人公となるキャラクター「エイク」を紹介します。

エイク修正

彼はトリコロールと呼ばれる王国の王子で、人間に例えると年齢は13歳。まだ外見は幼いが、両親の深い愛情や同世代の親友などに恵まれて純粋に育っており、奢ることなく振る舞う彼は民から希望の王子として慕われている。鍛錬熱心な父の影響を受けて自ら剣の道に進み、今では王国内の剣術士達をも打ち負かすほど実力をつけている。平穏な暮らしをしてきた彼であったが、ある事件をきっかけに彼の運命は大きく動き出す。

ScreenShot_2015_1101_16_22_52.png

・・・と、簡単な紹介でした。これからも同じように登場人物を少しずつ紹介していきたいと思います。

テーマ:ゲーム制作 - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。